川路大警視像 かわじだいけいしぞう

日本の初代大警視(警視総監)

日本の初代大警視(警視総監)を務め、欧米の近代警察制度を日本で初めて構築した川路利良の像です。
(川路利良について)
1834(天保5)年~1879(明治12)年

1834(天保5)年、鹿児島市皆与志町で、藩士の子として生まれる。

39歳のとき、西郷隆盛の推薦で、ヨーロッパ各国の警察制度を調査する。翌年帰国。

東京警視庁が設置された41歳のとき、大警視(初代警視総監)に任命され、警察制度や消防制度を整える。

1877(明治10)年に起きた西南戦争では、警視隊を率いて、大きな恩を受けた西郷隆盛の薩摩軍と戦う。「私情においてはまことに忍びないことであるが、国家行政の活動は一日として休むことは許されない。大義の前に私情を捨て、あまねく警察に献身する」と言い、警察の立場に立って警視庁警視隊を率い、西郷軍と戦った。

川路はほとんど制服をぬいだことがないと言われるほど、仕事に一生懸命に取り組んだが、家庭ではやさしい一家の主人だった。たいへん我慢強く、どんなに暑かったり寒かったりしても、決して「暑い」「寒い」ということを口にしなかった。また、4時間以上の睡眠はとらず、床に入るときは必ず枕元に紙とすずりを置き、何かを考えつくと夜中でもすぐにローソクに火を灯し、筆をとって書きとめ、「夜の考えはまことによい」と語っていたという。

45歳(満)のとき、警察制度の研究のため、再びヨーロッパへ出発したが、病気のため途中で帰国し、満45歳でこの世を去った。

(参考:「もっと知ろうよ維新のまち」鹿児島市・平成23年3月発行)


エリア
鴨池
カテゴリー
歴史・史跡

基本情報

住所 〒890-0064 鹿児島県鹿児島市鴨池新町10-1
アクセス ・鹿児島中央駅から市営バス16番線「県庁前」下車
・市電「郡元」から徒歩約15分
・鹿児島中央駅から車で約15分
関連リンク 日本警察の父~「川路利良」(鹿児島県警察サイト)

MAP

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い「グルメ・カフェ」

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.