薩英戦争(天保山)砲台跡 さつえいせんそう(てんぽざん)ほうだいあと

幕末に異国船に備えて設置された砲台

天保山は、甲突川の川底をさらえた砂によってできたところです。薩摩藩では、第27代当主島津斉興の頃から次の斉彬の時代にかけて、祗園之洲、弁天波止場、新波止、大門口、鳥島、袴腰、沖小島と次々に砲台を築き、外国から国を守る準備をしました。
この天保山には、嘉永3(1850)年、砲台が設けられ、十一門の大砲が置かれました。文久3(1863)年の薩英戦争では、7月2日正午、この砲台が火ぶたを切りました。今では、天保山公園内に砲台の台座の一部が残っており、史跡として昭和49(1974)年市の文化財に指定されました。
(出典:「鹿児島市の史跡めぐりガイドブック-四訂版-」鹿児島市教育委員会・平成11年3月発行)


エリア
鴨池
カテゴリー
歴史・史跡

基本情報

住所 〒890-0061 鹿児島県鹿児島市天保山町
アクセス ・鹿児島中央駅から市営バス16番線「共月亭」下車 徒歩約1分
・鹿児島中央駅から車で約15分

MAP

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い「グルメ・カフェ」

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.