大山巌 おおやま いわお

1842(天保13)年~1916(大正4)年

元帥、陸軍大将。鹿児島市加治屋町に生まれた。西郷隆盛のいとこにあたる。西郷は実の弟のようにかわいがった。

1863(文久3)年の薩英戦争では決死隊としてスイカ売りに化け、イギリス軍を撃とうとしたり、砲手として戦ったりした。戊辰戦争にも参加し、明治維新前後は西郷らの護衛役として、そばを離れなかった。

1870(明治3)年、普仏(当時のプロシアとフランス)戦争の様子を視察するためにフランスへ行った。翌年、いったん帰国し、再びフランスに留学した。3年後に帰国し、陸軍の役職に就き、新しい知識をもって陸軍をつくることに努めた。

1877(明治10)年の西南戦争では官軍の司令官などを務め、薩軍と戦い、城山を攻めた。

1885(明治18)年、陸軍大臣となり、その後、5代の内閣で陸軍大臣も務め、陸軍の基礎を固めた。

1894(明治27)年の日清戦争、1904(明治37)年の日露戦争では司令官として見事な活躍をし、日本を勝利に導いた。「軍人大山」の名は世界に知れわたった。1892(明治31)年には元帥となった。警視総監や文部大臣、内務大臣もしている。

海軍大将樺山資紀は、大山のことを「知恵があっても、ちっとも威ばらず、戦争で手がらをたてても自慢顔をしない。どこまで大きいか、わからぬ人」と言っている。

また、国歌『君が代』をつくるきっかけをつくった人としても知られている。横浜にいたイギリス軍楽隊の隊長フェントンが一人の青年に「日本の国歌をつくったらどうか」とすすめた。その青年が大山に相談したところ、「『君が代』がいいだろう」と答えたため、フェントンが曲を作ったという。

もともと、『君が代』は、大山がかねてからよく歌っていた薩摩琵琶「蓬来山」の一節にもあったものであるという。

(出典:「鹿児島市の史跡めぐり人物編」鹿児島市教育委員会・平成2年2月発行)


カテゴリー
歴史・史跡

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.