僧月照の墓 そうげっしょうのはか

尊皇倒幕運動に殉じた僧

幕末の勤王僧で、西郷とともに鹿児島湾に身を投げて亡くなった僧月照のお墓です。
1858年11月16日の明け方近く、三船の沖でのこと。西郷と月照は抱き合って錦江湾に身を投じました。
政治運動をしていた西郷と月照は、大老井伊直弼による志士の弾圧(安政の大獄)で、幕府の罪人として追われる身となり、薩摩へ逃亡してきたのですが、島津斉彬亡き後の藩内はとても罪人をかくまうような状態ではありませんでした。 藩は西郷に、月照を日向へ送るように命じました。 当時薩摩では、日向へ送るものを「永送り」といって、国境で切り捨てる習わしでした。それを十分承知した上での入水だったのでしょう。
結局月照は不帰の客となり、西郷は息を吹き返しました。


エリア
天文館
カテゴリー
歴史・史跡

基本情報

住所 〒892-0834 鹿児島県鹿児島市南林寺町
アクセス 市電「天文館通」徒歩15分

MAP

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い「グルメ・カフェ」

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.