黒田清輝 くろだ せいき

1866(慶応2)年~1924(大正13)年

薩摩藩士黒田清兼の子として生まれ、のちに伯父の子爵黒田清綱(江戸時代の通称は嘉右衛門)の養子となる。日本の洋画家、政治家。本名は「きよてる」と読むが、画名では「せいき」と読む。

1872年(明治5)年に上京。小学校卒業後は漢学塾二松學舍(現二松學舍大学)に通う。

1878(明治11)年、高橋由一の門人・細田季治につき、鉛筆画ならびに水彩画を学ぶ。

1884(明治17)年から1893(明治26)年まで渡仏。パリで画家の山本芳翠や藤雅三、美術商の林忠正に出会い、ラファエル・コランに師事する。

1893(明治26)年に帰国し、美術教育者として活躍する。

1898(明治31)年、東京美術学校教授に就任。1909(明治42)年には洋画家として最初の帝室技芸員に選ばれ、また帝国美術院院長などを歴任した。

1917(大正6)年、養父の死去により子爵を襲爵。第5回貴族院子爵議員互選選挙で当選し、1920(大正9)年に貴族院議員に就任している。


カテゴリー
歴史・史跡

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.