若き薩摩の群像 わかきさつまのぐんぞう

日本の近代化に貢献した留学生を讃える像

薩摩藩がイギリスへ派遣した留学生一行の像で、鹿児島中央駅東口広場に立っています。

薩英戦争でヨーロッパの力を知った薩摩藩は、慶応元年(1865年)、藩の優秀な青少年15名と使節団4名、計19名の「薩摩藩遣英使節団」をイギリスに派遣しました。このうち、学生として現地で学んだ15名は「薩摩藩第一次英国留学生」または「薩摩スチューデント」とも呼ばれています。当時最年少だった長沢鼎は13歳でした。現地で学問や技術を習得し、彼らの留学経験は日本の近代化に大きく活かされました。

昭和57年(1982年)に50万人都市達成を記念して建立されたもので、作者は大久保利通像も制作した中村晋也氏です。


エリア
鹿児島中央駅
カテゴリー
歴史・史跡

基本情報

住所 〒893-0053 鹿児島県鹿児島市中央町JR鹿児島中央駅前東口広場
アクセス 鹿児島中央駅前

MAP

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い「グルメ・カフェ」

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.