石仏十三体 いしぼとけじゅうさんたい

弘法大師の徳を慕う観音講の人々が建立した尊像

「遠い鹿児島の地で、大師様の教えにあやかりたい」
弘法大師の徳を慕う鹿児島市内の観音講の人々が、四国88ケ所巡礼になぞらえ、大師の尊像88体を伊敷の梅ヶ淵や谷山の慈眼寺、それにこの城山などの史跡や古刹跡に建立しました。
弘法大師(空海)は、平安時代初期、中国から密教を学び、日本仏教(真言宗)の租と仰がれ、多くの信仰を集めています。
四国遍路もその信仰のひとつで、昔、大師が阿波、土佐、伊予、讃岐の4国を地獄、餓鬼、畜生、修羅の4悪趣に置き換え、ここに88の煩悩に因む88ケ所の霊場を開いたという言伝えで始まったものです。
この霊場めぐりに欠かせない「同行二人」と言う言葉は、「常に私(大師)はお前(新者)と一緒にいるから心を安じて行ないを正せ」という意味です。
城山には、1928年につくられた88体の石仏のうち13体が安置されています。


エリア
城山
カテゴリー
歴史・史跡

基本情報

住所 〒892-0853 鹿児島県鹿児島市城山町
アクセス カゴシマシティビュー「西郷洞窟前」下車徒歩約3分

MAP

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い「グルメ・カフェ」

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.