造士館・演武館・医学院跡 ぞうしかん・えんぶかん・いがくいんあと

島津家第25代重豪によって設立された最初の藩校

薩摩藩は、日本の最南端にあったため、武士の教育が十分でないという心配がありました。そこで島津家第25代当主重豪は、儒学によって士気をふるいおこそうと考え、安永2(1773)年に藩の学校造士館と武道場の演武館をつくりました。
造士館は、江戸にあった幕府の昌平黌をもとにつくられ、山本正誼が初代館長となり、数百名の生徒に、儒学のうち朱子学だけを教えました。演武館では、剣、弓、槍、馬、銃などの稽古が行われました。
また、重豪は、医学について非常に関心が強く、造士館の南となりに、医学を研究する医学院をつくり、薬園を吉野、佐多、山川に開きました。
(出典:「鹿児島市の史跡めぐりガイドブック-四訂版-」鹿児島市教育委員会・平成11年3月発行)


エリア
天文館
カテゴリー
歴史・史跡

基本情報

住所 〒892-0816 鹿児島県鹿児島市山下町
アクセス ・市電「天文館」から徒歩約5分
・カゴシマシティビュー「西郷銅像前」下車徒歩約3分

MAP

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い「グルメ・カフェ」

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.