ウィリアム・ウィリス うぃりあむ・うぃりす

1837(天保8)年~1894(明治27)年

アイルランドで生まれる。幕末から明治維新にかけて日本での医療活動に従事したイギリス人医師(医学博士)。

1861(文久1)年、箱館領事館の第二補佐官兼医官に任用された。

1863(文久3)年、薩英戦争ではイギリス人負傷者の治療にあたった。

1864(元治元)年、元公使館医官ジェンキンズと横浜で最初の薬局を開業した。

1866(慶応2)年、医官を務めるかたわら首席補佐官兼会計官に昇進。

1868(明治元)年、兵庫領事マイバーグ急死のために大坂副領事代理を兼任した。各地で戦争や襲撃事件が起これば駆けつけ、多くの戦病傷者の治療にあたる。

1869(明治2)年、新政府の要請でイギリス外務省員の身分をもったまま東京医学校の教授に就任、指導にあたった。

1870(明治3)年、東京医学校教授を退職し、イギリス外務省員を辞職すると、西郷隆盛や医師石神良策の招きにより鹿児島医学校長、附属病院長に就任。1877(明治10)年、西南戦争勃発を機に東京に戻るまで鹿児島への医学の普及に貢献した。

1892(明治25)年に帰国した。


カテゴリー
歴史・史跡

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.