山本英輔 やまもと えいすけ

1876(明治9)年~1962(昭和37)年

鹿児島市加治屋町に山本吉蔵(山本権兵衛の兄)の長男として生まれた。

1904(明治37)年から翌年にかけて日本とロシアが戦った日露戦争では、第2艦隊の参謀(軍隊で作戦を考える)を務めた。

早くから飛行機の将来性に目をつけ、研究を続けた。のちに、海軍大学校長、初代航空本部長、連合艦隊司令長官などを務めた。

1931(昭和6)年には海軍大将となった。

(出典:「鹿児島市の史跡めぐり人物編」鹿児島市教育委員会・平成2年2月発行)


カテゴリー
歴史・史跡

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.