丹下梅子 たんげ うめこ

1873(明治6)年~1955(昭和30)年

鹿児島市金生町に生まれた。

3歳の時に不幸にも、事故のため右目が見えなくなってしまった。小学校時代の梅子は飽きっぽく、勉強が長続きしなかった。しかし、ふつうの女の子が遊ぶままごとや人形遊びも好きではなく、1人で木の皮をせんじで薬のようなものをつくったり、草の葉や木の実から色素を取りだしたり、天びんを作って遊ぶことを好む、ちょっと変った少女だった。

13歳の時、師範学校に入学した。最年少の優等生であった。途中、さびしさに負けて勉強をなまけたこともあったが、姉に励まされ、もとの梅子にもどるのであった。そして、いつも百点ばかり取るので「おだんごさん」と呼ばれるほどになった。18歳で母校の名山小学校の先生になった。小学校の先生を10年務めた梅子は、やがて、日本女子大学校の家政科へ入った。大学では化学の実験も落ちついて手ぎわよく行い、熱心に勉強した。

大学を卒業後、助手として働いていた梅子は、東北帝国大学(現・東北大学)に行くことになった。当時の大学としては女子が行くのは初めてのことで、男子学生から悪口を言われたこともあったが、次第に男子学生も梅子を知り尊敬していくのであった。

その後、梅子はアメリカのスタンフォード大学、コロンビア大学など四大学で九年間も研究を重ねた。帰国してからすぐに日本女子大学の教授になった。やがて、鈴木梅太郎先生のもとで研究を深めるのであった。

1940(昭和15)年、ビタミンB2の研究で東京帝国大学(現・東京大学)から農学博士号がおくられた。

こうして、一生を学問とともに生きた梅子も82歳でこの世を去った。

(出典:「鹿児島市の史跡めぐり人物編」鹿児島市教育委員会・平成2年2月発行)


カテゴリー
歴史・史跡

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.