五代友厚銅像 ごだいともあつどうぞう

大阪の商工業の発展に尽力

大阪に商法会議所を設立し初代会頭となるなど、大阪の商工業の発展に尽力した五代友厚の銅像です。
1961年11月12日、坂上政克によって制作されました。1981年3月31日移設。
(五代友厚について)
1835(天保6)年~1885(明治18)年

鹿児島市城ヶ谷(現長田町)で生まれる。

8歳の頃、藩校の造子館に入り、学問と武芸に励む。12歳の時、藩主島津斉彬から外国の地図を写す仕事を任せられた友厚の父は、この仕事を友厚にさせた。その時、友厚は2枚の世界地図を作り、1枚は斉彬に差し出し、1枚は自分の部屋の壁に掲げた。また、直径2尺余りの地球儀を作成したというエピソードが残っている。

1862(文久2)年、藩の命令で中国の上海に渡り、ドイツ汽船「天祐丸」を買って帰り、その船長となる。

1863(文久3)年、薩英戦争が始まり、寺島宗則とともに捕虜となり、1年間藩に戻ることは許されなかった。

1868(明治元)年に新政府の役人になったが、1869(明治2)年7月、実業家になることを決めて役人をやめる。

1878(明治11)年、大阪に最初の商法会議所や株式取引所、大阪商業高校(現在の大阪市立大学)を建て、大阪の商業の発展に力を注ぐなど、自らが起こしたもの、設立に関わった事業は数多い。

1885(明治18)年9月に50歳(満)で亡くなる。墓は大阪市阿倍市にある。

(参考:「もっと知ろうよ維新のまち」鹿児島市・平成23年3月発行)


エリア
天文館
カテゴリー
歴史・史跡

基本情報

住所 〒892-0822 鹿児島県鹿児島市泉町
アクセス ・市電「朝日通」から徒歩約2分
・カゴシマシティビュー「金生町」下車徒歩約2分

MAP

このスポットから近い観光スポット

このスポットから近い「グルメ・カフェ」

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.