山本権兵衛 やまもと ごんのひょうえ

1852(嘉永5)年~1933(昭和8)年

海軍大将。総理大臣。鹿児島市加治屋町に生まれた。

身体がじょうぶで、相撲の好きな少年であった。そのため、相撲界に入って出世しようとして、陣幕久五郎という横網に弟子入りを頼んだこともあったという。

16歳のとき、18歳と偽って戊辰戦争に参加した後、海軍兵学寮に入った。1874(明治7)年、西郷隆盛を追って鹿児島に帰ってきた。しかし、西郷の勧めで兵学校に進み、ドイツ軍艦で世界を回った。1886(明治19)年より軍艦「天城」などの艦長を務めた。その後も海軍の仕事に務め、日本が中国と戦った日清戦争では海軍大臣副官として参加した。

1898(明治31)年、第2次山県内閣の海軍大臣となり、引き続き7年間、海軍の最高の責任者の地位にあった。この間に東郷平八郎を連合艦隊司令長官に任命した。

1904(明治37)年のロシアと戦った日露戦争では、海軍大臣として参加した。

1913(大正2)年、総理大臣となり行政の整理など手がけたが、シーメンズ事件が起り総理大臣をやめた。

1923(大正12)年9月、関東地方をおそった関東大震災のさなか、また総理大臣になり、東京の町を復興することに努力した。ところが、この年の12月、摂政宮(天皇のかわりをする宮様)を鉄砲で撃つという事件が起こり、その責任をとってやめた。

心が広く、小さなことにこだわらない、さっばりした、ユーモアのある性格だったといわれる。

(出典:「鹿児島市の史跡めぐり人物編」鹿児島市教育委員会・平成2年2月発行)


カテゴリー
歴史・史跡

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.