<ミニジープ体験記>
南国鹿児島の風を(たまに火山灰も)体感しよう!-1

<ミニジープ体験記>
南国鹿児島の風を(たまに火山灰も)体感しよう!

「観光名所や人気スポットを、もっと身近に、もっと楽しく周遊したい!」そんな人にお勧めしたいのが、ゴーカート感覚で気軽に乗れるミニジープ!
原付バイクと同じ50ccで、最高速度は60km(要普通免許)。風を受けながら公道を走る姿は、注目度ナンバーワン!
 

ミニジープレンタルショップ「MJプラザ」へGO!

MJプラザは鹿児島で一番の繁華街・天文館に近い南林寺町にあります。
まずは店内でレンタカー契約書の記入や、免許証の提示など受付をします(事前予約がオススメ)。
次にエンジンのかけ方やウィンカーの出し方などの操作説明を聞きましょう。クラッチなしの3段変速仕様になっていますが、ほとんどアクセルとブレーキだけで操作できるので気軽に乗れるところが魅力です。
準備ができたら、いざ出発!

Column

「ミニジープ伝道師」の中釜さん-1

「ミニジープ伝道師」の中釜さん

全国各地からミニジープファンが訪れる「MJプラザ」。レンタルだけでなく販売も行っているため、購入目的で鹿児島を訪れる人も少なくないとか。ガソリン満タンで80km移動できるので、街乗りだけでなく桜島一周や指宿への遠出も可能だそう。「鹿児島の新たな二次交通としてミニジープを広めたい」という夢を胸に、今日もミニジープならではの楽しみ方を伝えています。詳しくはYouTube「ミニジープ伝道師」をチェックしてみて。

小さな相棒と一緒に市街地を走ろう!

MJプラザを出発したら、路面電車や多くの車が行き交う天文館へ。外観全体が緑に覆われた「マルヤガーデンズ」を視界の端にとらえながら、いづろ交差点へ車を走らせていくと、その名の由来でもある「石灯籠」が目の前で出迎えてくれます。
趣のある堂々とした佇まいの「山形屋」は、鹿児島を代表する老舗デパート。周辺は、金生通りや納屋通りなど古くからある通りがひしめきあって、賑わいのあるエリアとなっています。古さと新しさが共存する街並みにテンションも上がる!
 

人気の観光スポットもしっかり押さえて

鹿児島と言えばやはり「西郷どん」!
緑豊かな城山を背に、高さ8メートルの堂々とした立ち姿の西郷隆盛銅像は、鹿児島のシンボルともいえる存在。道を挟んで反対側にある撮影広場では愛犬の「ツン」と一緒に写真を撮ることもできます。
西郷隆盛銅像前をそのまま真っ直ぐ走っていくと、左手に見えてくるのが鹿児島城の「御楼門」。鹿児島市民から「鶴丸城」の名で親しまれている鹿児島城の「御楼門」は、明治6年の火災で焼失しましたが、令和2年3月、147年ぶりに復元されたものです。高さ・幅ともに20mと、国内最大級の城門として知られており、ぜひ押さえておきたい観光スポットのひとつ。
 

小さなカフェで景色を眺めながらのんびり

市街地を走った後は、鹿児島市役所前にある名山(めいざん)界隈へ移動。レトロな街並みや店舗が、地元の人だけでなく、観光客にも人気急上昇中です。今回は、みなと大通り公園沿いにある「HATANAKA COFEE(ハタナカコーヒー)」で休憩タイム。美味しいコーヒーを求めてコーヒー通が集う同店のお勧めは、週替わりのスペシャリティコーヒー。小腹がすいているときは、手づくりの焼きドーナツやパニーニを一緒にどうぞ。眼前に広がる景色を堪能しながら、香り高いコーヒーを味わってみませんか。

【店舗データ】
〒892-0815鹿児島市易居町6-1
市役所前電停から徒歩約3分
駐車場 なし
営業時間 9:30~19:00
定休日 日曜
TEL 099-226-4677

モダンにアレンジされた郷土菓子をお土産に

コーヒーで一息ついた後は、ミニジープをパーキングに止めて名山界隈を散策。古いビルをリノベーションした雰囲気のあるレトロフトチトセビルへ。古書店やカフェなど思わずのぞきたくなる魅力的な店舗がいっぱい。農園にある食堂をイメージしたオープンキッチンの「農園食堂 森のかぞく」に併設された「森かぞストア」で、お土産を選びましょう。有機野菜や加工品のほか、お弁当やお惣菜、自然食品が販売されている店内で見つけたのが、「FUKU+RE(フクレ)」の焼き菓子。鹿児島の郷土菓子をモダンな感覚でアレンジした「ふくれ菓子」が手土産として人気を呼んでいます。桜島の火山灰を入れる鹿児島ならではのアイテム「克灰袋(こくはいぶくろ)」をミニサイズにした袋に、クッキーを詰め合わせてプレゼントすると喜ばれそう。

【店舗データ】
〒892-0821鹿児島市名山町2-1レトロフトチトセビル1F
朝日通電停から徒歩約2分
駐車場 なし
営業時間 11:00~15:00
定休日 日曜・月曜
TEL 099-227-2708(森のかぞく)

路地を曲がると気になるお店が見つかる名山界隈

通りを歩きながら見つけた玄米おむすび専門店「名山玄米生活211」。特製ブレンドのポリフェ玄米®を使った、もっちりとしたおむすびは噛むほどに味わい深く、「五色胡麻」「梅たたき大葉」「クリームチーズしそ」など迷ってしまいそうな具材がずらり。ピリッとした辛さと、さとうきび酢を使用した酸味が何とも言えない「豆腐スーラータン」をいただきます。見た目も愛らしいデザート感覚のおむすび「甘豆・玄米」もお勧め。

【店舗データ】
〒892-0821鹿児島市名山町2-11
朝日通電停から徒歩約3分
駐車場 なし
営業時間 11:00~18:00(LO17:00)
定休日 日曜
TEL 099-223-5910

最後はやっぱり桜島と記念撮影

お腹を満たした後は海沿いをドライブしながら、鹿児島に来たらやっぱりはずせない桜島をバックに記念撮影。
最初はドキドキの連続でしたが、MJプラザに戻る頃にはすっかりミニジープに魅了されてしまいました。

この記事で紹介した観光スポットの位置情報

Google Mapの読み込みが1日の上限を超えた場合、正しく表示されない場合がございますので、ご了承ください

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.