コース5:明治維新と近代日本を築いた偉人たちの誕生地-1

コース5:明治維新と近代日本を築いた偉人たちの誕生地

  • 所要時間:1・2時間
  • 主な交通手段:徒歩
明治維新の原動力となった数多くの偉人(西郷隆盛や大久保利通等)を輩出した地を巡るコースです。

集合場所:鹿児島中央駅2階総合観光案内所
解散場所:維新ふるさと館前

集合時間
午前の部:9:50
午後の部:13:50

維新ふるさと館の施設内は見学コースには含まれておりません。
※詳しいことは、お申込み時に『鹿児島まち歩き観光ステーション」にお尋ねください。

「鹿児島ぶらりまち歩き」へのお申込みはこちら

 

START

鹿児島中央駅2階総合観光案内所

若き薩摩の群像

日本の近代化に貢献した留学生を讃える像
若き薩摩の群像-1
薩摩藩がイギリスへ派遣した留学生一行の像で、鹿児島中央駅東口広場に立っています。

薩英戦争でヨーロッパの力を知った薩摩藩は、慶応元年(1865年)、藩の優秀な青少年15名と使節団4名、計19名の「薩摩藩遣英使節団」をイギリスに派遣しました。このうち、学生として現地で学んだ15名は「薩摩藩第一次英国留学生」または「薩摩スチューデント」とも呼ばれています。当時最年少だった長沢鼎は13歳でした。現地で学問や技術を習得し、彼らの留学経験は日本の近代化に大きく活かされました。

昭和57年(1982年)に50万人都市達成を記念して建立されたもので、作者は大久保利通像も制作した中村晋也氏です。

大久保利通銅像

西郷隆盛、木戸孝允と並び明治維新の3傑と言われた人物
大久保利通銅像-1
日本の近代化に尽力し、西郷隆盛、木戸孝允と並び明治維新の3傑と言われた大久保利通のモニュメントです。
銅像は、没後100年を記念して1979年9月26日に中村晋也氏によって制作されました。本体4.3m。銅像の足元には、大久保が暗殺された際に一緒に亡くなった馬車夫と馬の像も彫られています。

大久保利通生い立ちの地

大久保利通が少年期を過ごした地
大久保利通生い立ちの地-1
日本の近代化に尽力した大久保利通は、幼い頃高麗町から下加治屋町に引越をしました。少年期に3歳上の西郷隆盛と同じ郷中で育った場所です。
1889年憲法発布に伴う大赦令で、西郷隆盛の賊名が削られ正三位の追贈を受けたことを契機に、東京にいた下加治屋町出身者が発起人となって二人の旧宅地に記念碑が建立されました。立案に際して、記念碑と碑文を全く同等に扱うこと、同種同数の樹木を植えることなどの顕彰を平等に扱う配慮がおこなわれています。

大山巌誕生地

大山巌誕生地-1
西郷隆盛のいとこで、陸軍大臣となり、日清・日露戦争で活躍し、「海の東郷、陸の大山」などと称されました。軍人としての経歴が際立ちますが、おおらかな性格であったと伝えられています。
歴史のことがちょっと苦手・・・という方も、ガイドの話に引き込まれます。

東郷平八郎誕生地

東郷平八郎誕生地-1
加治屋町で生まれた東郷平八郎は、薩英戦争や戊辰戦争に参加した後、イギリスに留学し、国際法を学びました。後に、日本海軍の連合艦隊司令長官となり、日露戦争で大戦果をあげました。
教科書で習ったことが点が繋がり、より面白くなるのが、まち歩きガイドの魅力です。

山本権兵衛誕生地

山本権兵衛誕生地-1
江戸・明治の偉人がたくさんの鹿児島。地元ガイドだからこそ話せるエピソードもいっぱい!

西郷隆盛・従道誕生地

西郷隆盛と弟・従道が育った地
西郷隆盛・従道誕生地-1
西郷隆盛と弟・従道が青年時代までを過ごした場所です。
西郷隆盛の活躍は有名ですが、従道も明治維新後に海軍大臣、内務大臣など、数々の大臣を歴任しています。

維新ふるさと館前

維新ふるさと館前-1
明治維新のすべてが分かる歴史観光施設です。当時を再現したセットやドラマを見ることができ、分かりやすく歴史を学べます。鹿児島といえば、近代日本を築いた数々の偉人たち。鹿児島に来たら、ぜひ訪れてみたい施設です。
維新ふるさと館の施設内は見学コースには含まれておりません。
※詳しいことは、お申込み時に『鹿児島まち歩き観光ステーション」にお尋ねください。

GOAL

Google Mapの読み込みが1日の上限を超えた場合、正しく表示されない場合がございますので、ご了承ください

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.