税所敦子 さいしょ あつこ

1825(文政8)年~1900(明治33)年

京都に生まれる。歌人。

幼時より歌を好み、千種有功に和歌を学び、大人以上の才能を発揮した。6歳の時に次のような歌を詠んでいる。

我が家の軒にかけたるくもの巣の 糸までみゆる秋の夜の月

京都の薩摩屋敷に勤めた税所篤之の後妻となる。

28歳で夫と死別、その後鹿児島の姑のもとに一人娘を連れて来鹿し、孝行を尽くす。税所篤之の実家は姑と先妻の娘2人、弟夫婦とその子ども数人がおり、敦子とその娘1人を合わせて10人家族だった。当初、姑は京都生まれの敦子が薩摩入りするのを好まず、「よそ者」として冷たくあしらっていたが、誠心誠意、一生懸命尽くす心根の優しい敦子に接するうち、いつしか大変気に入るようになったという。

敦子のすぐれた才能と和歌、文章は藩内でも知られ、遂に島津斉彬の世子(哲丸)の守り役に選ばれる。

その後、島津久光の養女貞姫が近衛忠房に嫁ぐとき、老女に選ばれた。

和歌を八田知紀に学び、貞姫に従って東京に移り、明治8年高崎正風に推されて皇居に召され、明治天皇及び皇后に仕えた。76歳で没した。

(参考:「もっと知ろうよ維新のまち」鹿児島市・平成23年3月発行)


カテゴリー
歴史・史跡

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.