川村純義 かわむら すみよし

1836(天保7)年~1905(明治38)年

上荒田町に生まれる。薩摩藩士、海軍大将。

少年時代より兵学を学び砲術も修めた。

1855(安政2)年に薩摩から選抜され、勝海舟と長崎海軍伝習所で学んだ。

1868(明治元)年の鳥羽・伏見、戊辰戦争で活躍し、特に味方が会津若松城を攻撃しやすいように策を講じた。

1871(明治4)年に兵部少輔、1872(明治5)年には陸海軍両省が設置され海軍少輔に任ぜられた。

1874(明治7)年の台湾出兵の際、海軍中将兼海軍大輔となる。

川村は西郷隆盛のいとこで、妻・春子は西郷の母の姪にあたる。西南戦争を避けるため、1877(明治10)年2月9日、高尾丸で鹿児島を訪問し、義父・椎原国幹宅で西郷隆盛と会談する予定だったが、県令大山綱良との事前の話し合いはできたものの、泳いで高尾丸に乗船しようとする私学校徒たちに危険を感じ、船を桜島沖に退避させたため、西郷との会談は絶望的となり鹿児島・東京を結ぶ糸は切れてしまった。

1877(明治10)年の西南戦争で政府軍参軍、1878(明治11)年参議兼海軍卿となる。

1885(明治18)年、宮中顧問官となり、1888(明治21)年枢密院顧問官に任ぜられた。

明治天皇からの信任が厚く、1901(明治34)年、昭和天皇の養育主任となった。

1905(明治38)年、死去に際し、海軍大将となった。69歳で没した。

(参考:「もっと知ろうよ維新のまち」鹿児島市・平成23年3月発行)


カテゴリー
歴史・史跡

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.