伊東祐亨 いとう すけゆき

1843(天保14)年~1914(大正3)年

鹿児島市清水町に生まれた。

若いころ、神戸の海軍操練所で勝海舟に学び、その後、海軍に入った。そして、多くの軍艦の艦長として活躍した。

1889(明治22)年、海軍大学校長になり、日清戦争(1894(明治27)年)では、連合艦隊司令長官となった。この時、敵将の丁汝昌の才能をおしんで助けようとした話は有名である。1906(明治39)年、元帥となり「薩摩の海軍」の長老と言われていた。

伊東祐亨元帥誕生地碑は現在、清水町の清水小学校内に建てられている。

(出典:「鹿児島市の史跡めぐり人物編」鹿児島市教育委員会・平成2年2月発行)


カテゴリー
歴史・史跡

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.