伊地知正治 いじち まさはる

1828(文政11)年~1886(明治19)年

鹿児島市上之園町に生まれた。

身長は150センチ足らずで、左眼は不自由で、耳がよく聞こえず、口も開きにくい。そして、右足も不自由であった。それでも心が勇ましく、人よりもすぐれていた。幼いころから、ものすごいがんばり屋で、中国の古い書物を読んだり、戦の学問を深く研究し、薩摩に伝わる示現流を習い始めたとき、人々は笑ったが、ついにやりとげた。

戦争のしかたを深く研究し、西郷従道らに教え、西郷隆盛が最も信頼していた人物の一人である。また、藩校造士館の教官も務めたことがある。徳川幕府が政治に終わりを告げたのは、1868年(明治元)1月から始まった戊辰戦争である。この戦争の作戦はほとんど伊地知がたてた。総大将格は西郷で、このコンビで勝利を得た。戦いの前日は遊びまわっていたという胆力の持主であった。いざ戦いとなると、新式のミニヘル銃をうまく使った。

1874(明治7)年、左院(太政宮内におかれた諮問機関)議長となり、のち修史館総裁となった。西南戦争後鹿児島に帰り、産業を盛んにするよう知事にすすめた。

(出典:「鹿児島市の史跡めぐり人物編」鹿児島市教育委員会・平成2年2月発行)


カテゴリー
歴史・史跡

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.