田代安定 たしろ あんてい・やすさだ

1857(安政4)年~1928(昭和3)年

南方植物の学者研究家として知られる。鹿児島市加治屋町に生まれた。

東京へ行って勉強し、国の役所である内務省に勤めたが一時、鹿児島に帰り県庁に入った。次いで、農商務省に移り、南方諸島の熱帯植物研究に打ちこんだ。特に、沖縄県八重山諸島の動植物・民族の調査に力を入れ、政府に八重山を開発するよう申し入れた。しかし、政府がこの申し入れを断わったことに腹をたて、職を辞めた。

その後、東大調査員として、沖縄県の石垣島や入表島の植物と民俗や習慣を調べあげた。また、台湾でキナなどの有用植物の研究と栽培に努力した。「東京人類学」という雑誌に発表した「薩南諸島の風俗余事について」という論文はたいへん価値のある資料といわれている。わが国の熱帯植物研究の第一人者といわれるとともに、八重山諸島開発の先駆者となった。

晩年、鹿児島高等農林学校に勤めて、南方の有用植物の指導にあたった。

(出典:「鹿児島市の史跡めぐり人物編」鹿児島市教育委員会・平成2年2月発行)


カテゴリー
歴史・史跡

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.