セスナで行く桜島の空中散歩! 
空から見下ろす圧巻のパノラマビューを体感しよう-1

セスナで行く桜島の空中散歩!
空から見下ろす圧巻のパノラマビューを体感しよう

錦江湾のほぼ中央に浮かび、鹿児島のシンボルとして愛されている桜島。普段は陸上や海上から見上げる桜島の姿を、空からパノラマビューで楽しめる「Kagoshima Sky View」をご紹介します。日常では見ることのできない“世界でここだけ”の風景を楽しみましょう!

鹿児島遊覧飛行「Kagoshima Sky View(カゴシマ・スカイビュー)」とは?

南北方向に細長く伸びる鹿児島空港。その滑走路の端に隣接するのが「新日本航空株式会社」の建物です。ここではセスナ機や「アイランダー」という飛行機を使った遊覧飛行「Kagoshima Sky View(カゴシマ・スカイビュー)」が楽しめます。今回は「鹿児島ならでは」の魅力を思う存分に楽しむため、一番人気の「桜島コース(約30分)」を体験してきました!

セキュリティは万全! ベテランパイロットと一緒にルートを確認

旅客機に乗ったことのある人なら、保安検査場を通ったことがあるはず……。実は「Kagoshima Sky View」でも、同等の保安検査基準でセキュリティチェックが行われます。iPadを使って飛行ルートの確認! 今回は鹿児島空港からまっすぐ錦江湾に出て、桜島の縁を一周します。お目当の桜島はもちろん、霧島市の町並みや錦江湾のカルデラ地形も楽しめそうです。

Column

操縦はベテランパイロットにお任せ!-1

操縦はベテランパイロットにお任せ!

今回、機長として飛行ルートを説明をしてくれたのは、長年にわたり海上自衛隊でパイロットを務めてきた山中さん。
ベテランパイロットからの説明で緊張がほぐれます!

まずは格納庫へ! 間近で見るセスナ機に大興奮

準備が整ったら格納庫に向かいます。鉄の扉をくぐった先には真っ白な「セスナ」の姿。今回乗り込む機体を含め、計3機が格納庫周辺で待機しています。普段なかなか目にすることのない乗り物に、思わず「かっこいい〜!」と大興奮。スタッフの方から「写真を撮っていいですよ」と声を掛けていただき、まずは搭乗前の記念撮影をパチリ!

機内に乗り込んだら、いよいよ離陸の準備!

ひとしきり写真撮影を終えたら、いよいよ格納庫の外に待機しているセスナに搭乗。機体の横のドアから身をかがめて乗り込む様子は、飛行機というより自動車みたい。機内の雰囲気や座席の大きさも大型の旅客機とはまるで違います。肩を寄せ合って座る姿もプロペラの振動がシートを通して伝わってくる感覚も、本当に「小さな軽自動車」に乗って飛んでいるようで、思わず笑みがこぼれます。ちなみにセスナはパイロットを含めて4人乗り。パイロット席にはたくさんの計器が並び、山中さんが真剣な表情でチェックをしています。

いざ、鹿児島の大空へ!パノラマの景色を楽しもう

ブゥーンというプロペラ音を響かせながら滑走路を走るセスナ。大きな旅客機の後ろで離陸の順番待ちをします。管制塔の許可が降りたらいよいよ離陸です! ……あっという間に高度を上げたセスナ機は、鹿児島空港のある霧島市上空から錦江湾を抜けて目的地の桜島へ! 桜島の上空では地上からは立入禁止の溶岩地帯や、火山灰による土石流を食い止める「砂防ダム」の様子を一望できるほか、天候や桜島噴火のタイミング次第では「噴火口」を見下ろすこともできるそうです。ダイナミックな眺望をパノラマで楽しめるのは「遊覧飛行」ならではの醍醐味ですね!

「Kagoshima Sky View」で鹿児島の空を楽しもう!

エネルギッシュな火山を間近で楽しめる「桜島コース」は、県外だけでなく海外からの旅行者にも人気があるそうです。「Kagoshima Sky View」には他にも、セスナのフライトを約10分で楽しめる「鹿児島空港周辺スペシャル体験コース」や鹿児島市内のランドマークを空から見学できる「鹿児島市内コース」、ムードたっぷりの「ナイトフライト」など合計8つのコースが設定されています。ぜひリピートして、鹿児島の空を目一杯楽しみたいと思います。

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.