高木兼寛 たかぎ かねひろ

1849(嘉永2)年~1920(大正9)年

薩摩藩郷士・高木喜助兼次の長男として日向国諸県郡穆佐郷(現・宮崎県宮崎市)に生まれる。

18歳のときから薩摩藩蘭方医の石神良策に師事、戊辰戦争の際には薩摩藩兵の軍医として従軍した。

1869(明治2)年、開成所洋学局に入学し英語と西洋医学を学ぶ。

1870(明治3)年、薩摩藩によって創設された鹿児島医学校に入学し、校長のウィリアムス・ウィリスに認められて教授に抜擢される。

1872(明治5)年、海軍医務行政の中央機関・海軍軍医寮(後の海軍省医務局)の幹部になった石神の推挙により一等軍医副(中尉相当官)として海軍入り。海軍病院勤務の傍ら病院や軍医制度に関する建議を多数行ない、この年に大軍医(大尉相当官)に昇進。

1875(明治8)年、英国聖トーマス病院医学校に留学。英国外科医・内科医・産科医の資格と英国医学校の外科学教授資格を取得し、1880(明治13)年に帰国。

帰国後は東京海軍病院長、海軍医務局長、海軍軍医総監の役職などを歴任した。

長男は医学者の高木喜寛、次男は医学者の高木兼二。


カテゴリー
歴史・史跡

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.