別府晋介 べっぷ しんすけ

1847(弘化4)年~1877(明治10)年

桐野利秋の従弟で、坂元町実方(旧・吉野村)桐野の近くに生まれた。

戌辰戦争では分隊長として奥羽に転戦し、陸軍少佐に進み、1869(明治2)年、朝鮮を視察し、情勢を報告した。1873(明治6)年、西郷が役職を辞め、鹿児島に帰ったのに従い自らも辞めて帰郷し、私学校の創設に尽くし、加治木郷外四郷の区長をつとめた。

西南戦争では連合大隊長となり、熊本城を取り囲んだ。また、辺見十郎太らと鹿児島に帰り、兵を募集し、八代の官軍を攻撃したが、重傷を負い人吉に退いた。のち鹿児島を確保するため戦ったが、うまくいかず、宮崎へ退いて西郷に従い鹿児島入りして、城山に陣をかまえた。9月24日、官軍の総攻撃にあい、城山の岩崎谷で西郷を介錯し、戦死した。

(出典:「鹿児島市の史跡めぐり人物編」鹿児島市教育委員会・平成2年2月発行)


カテゴリー
歴史・史跡

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.