関吉の疎水溝 せきよしのそすいこう

集成館の動力水車に水を供給

集成館事業の高炉や砲身に穴を開ける装置(鑚開台)に必要な動力(水力)を得るために築かれた水路の取水口跡です。
元々島津家別邸の生活用水として吉野大地を流れる棈木川(あべきがわ)の水を引いていました。そこから新たに水路を築き、約7kmに渡って導水して、集成館の水車に水を供給しました。
関吉には、棈木川から取水した当時の取水口跡が残っており、疎水溝の一部は現在も灌漑用水として利用されています。
2015年7月5日に世界遺産一覧表に記載されることが決定した「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の構成資産のひとつです。


エリア
その他
カテゴリー
歴史・史跡

基本情報

アクセス 鹿児島中央駅から車で約25分

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.