薩摩義士碑 さつまぎしひ

宝暦治水を完遂した薩摩義士の供養塔

1753年、徳川幕府より課せられた尾張藩内での宝暦治水で命をかけ犠牲となった薩摩藩士を弔う史跡です。
木曽川・揖斐川・長良川(岐阜県)の改修工事は非常に困難であり、約1,000人を動員し工費40万両を費やし、1年3ヶ月かけて完成しました。その間、幕吏や地域住民との対立、 悪疫の流行などで88名の犠牲者をだしました。その供養墓塔として薩摩義士碑が1920年に建立されました。
指揮をとった薩摩藩家老・平田靭負をはじめとする義士の業績を機縁に、岐阜県大垣市や海津市、羽島市といった薩摩義士ゆかりの地との交流が行われています。


エリア
天文館
カテゴリー
歴史学習

基本情報

住所 〒892-0853 鹿児島県鹿児島市城山町
アクセス ・カゴシマシティビュー「薩摩義士碑前」下車
・市電「市役所前」から徒歩約10分

MAP

このページを見ている人は、こんなページも見ています