西郷隆盛銅像 さいごうたかもりどうぞう 

城山を背景に堂々たる姿の西郷どん

江戸城無血開城や明治新政府樹立など、明治維新に最大の功績を残した西郷隆盛ですが、突然職を辞めて鹿児島に帰郷。 その後、西南戦争で新政府軍と戦い敗北し、この城山の地で自刃しました。

この像は、没後50年祭記念として鹿児島市出身の彫刻家で渋谷「忠犬ハチ公」の制作者・安藤照が8年をかけ製作し、昭和12年(1937年)5月23日に完成したものです。
わが国初の陸軍大将の制服姿で、城山を背景に仁王立ちする高さ8mの堂々たるモニュメントです。(本体5.76m、土台1.21m、築山7.27m)

道路を挟んで撮影スポットが設けられており、愛犬の像も一緒に写真撮影を行うことができます。


エリア
天文館
カテゴリー
集合写真撮影スポット

西郷隆盛銅像の周辺は魅力的なスポットがいっぱい!

西郷隆盛銅像の周辺には、鶴丸城跡に建っている黎明館や鹿児島市立美術館、島津斉彬を祀る照国神社などがあり見どころが満載です。

基本情報

住所 〒892-0853 鹿児島県鹿児島市城山町4-36
アクセス ・カゴシマシティビュー「西郷銅像前」下車
・市電「朝日通」から徒歩約8分
関連リンク 特集記事「明治維新、西郷と大久保の足跡をたどる」

MAP

このページを見ている人は、こんなページも見ています