井上良馨 いのうえ よしか

1845(弘化2)年~1929(昭和4)年

元帥、海軍大将。鹿児島市高麗町に生まれた。

19歳で薩英戦争に参加し、桜島の近くの沖小島の砲台に配置され、イギリス艦隊と戦った。そのとき、イギリス軍艦の弾が井上良馨にあたった。4メートルほどはねとばされ気絶した。やがて、仲間に介抱されて気を取りもどしたが、左のふとももに大けがをした。このとき、差していた太刀は、あめのように曲がっていたという。危ないところで命を落すところだった。戊辰戦争にも参加し、のち海軍に進んだ。

1878(明治11)年、日本海軍の艦長として初めてヨーロッパへ航海することに成功した。

1888(明治21)年、海軍大学校初代校長を務めたのをはじめとして、海軍の大事な仕事を次々に務めていった。1911(明治44)年、元帥となった。

一生、鹿児島弁でとおしたといわれる。自分の墓を「沖小島が、よう見ゆっとこへ」と遺言をした。これは、薩英戦争のときの体験からだろうと思われる。遺言どおり、墓地は沖小島の見える郡元の高台にある。

(出典:「鹿児島市の史跡めぐり人物編」鹿児島市教育委員会・平成2年2月発行)


カテゴリー
歴史・史跡

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.