名勝 仙巌園 めいしょう せんがんえん

雄大な桜島を望む庭園が美しい島津家別邸

万治元年(1658)に島津家19代光久によって築かれた島津家の別邸です。雄大な桜島を築山、錦江湾を池に見立てたスケールの大きな庭園で、28代斉彬もこよなく愛し、篤姫など多くの人を魅了しました。

およそ1万5千坪の広大な庭園には、四季折々の花々が咲き誇り、大名家ならではの催しも魅力です。ガス灯の実験に使用された鶴灯籠や、全国でも珍しい猫を祭った猫神、江戸時代の正門である錫門(すずもん)など、見どころが満載です。
仙巌園が位置する磯エリア一帯は、平成27年(2015)に「明治日本の産業革命遺産」として世界文化遺産に登録されました。日本の近代化を推し進めた薩摩の人々のストーリーを感じることができます。

島津家800年の歴史を学べる博物館・尚古集成館や、見学可能な薩摩切子工場が隣接し、立ち寄りスポットとしてもおすすめです。
 


エリア
カテゴリー
歴史学習 文化・芸術体験 集合写真撮影スポット

園内では食事やショッピングも楽しめる!

園内には、郷土料理が味わえるレストランや和カフェ、鹿児島の伝統工芸品や仙巌園限定のお土産を扱うショップ等も充実しています。

武士気分を味わえる特別な体験も!

仙巌園では、本格的な甲冑を身にまとい、身も心も武士に大変身できる甲冑着装体験もあります。(※別料金)

基本情報

住所 〒892-0871 鹿児島県鹿児島市吉野町9700-1
アクセス ・鹿児島中央駅からカゴシマシティビューで約50分「仙巌園前」下車
・鹿児島中央駅から車で約30分
・鹿児島駅から車で約15分
駐車場 あり
営業時間 9:00~17:00
休業日 年中無休
(3月第1日曜日は鹿児島マラソンの為休園)
電話番号 099-247-1551
関連リンク 仙巌園の魅力をもっと知るための特集記事「仙巌園と集成館」
仙巌園公式サイト
関連資料 仙巌園パンフレット

MAP

このページを見ている人は、こんなページも見ています