加納久宜 かのう ひさよし

1848(嘉永元)年~1919(大正8)年

加納久宜は三池(現・福岡県)藩主立花種善の弟の種道の三男として、江戸(現・東京都)に生まれ育った。

5、6歳のころの久宜は、学問より乗馬が好きな少年であった。久宜が8歳の時に両親を大地震で失った。その後兄の家にひきとられ、そこで暮らした。

1894(明治27)年、鹿児島県知事に任命された。知事になった久宜は県下各地を見てまわり、鹿児島県の遅れた産業と教育をなんとかしようと考えた。農業をたてなおすために農事小組合や試験田をつくり、農学校を創設した。米づくりのほか、みかん、茶、養蚕などの改良普及、また、遠洋漁業、かつおぶしつくり、製塩などの技術改良にも力を入れた。こうして、県の産業は順調に進んでいった。

教育にも力を入れた。たくさんの人が勉強できる場をつくったり(子もり学級等の設置)、学用品が安く買えて、父母の負担を軽くすることにも気を配った。また、中学校をつくったり、第七高等学校造士舘の開設にも力を注いだ。さらに、図書館設立運動を起こし図書館もつくった。(現・県立博物館の前身)

久宜は、6年8ヶ月の在任中に私財を投げうって産業・教育の発展につくし、1900(明治33)年、県民に惜しまれながら辞めた。後に「勧業知事」と県民にしたわれた久宜も72歳で亡くなった。晩年には鹿児島のことをよく話題にし、「もし、我輩が亡くなっても、鹿児島のことで何か話があったら冥土に電話せい」と口ぐせのように言っていたといわれる。鹿児島のことを深く考え、愛した、人物であった。

現在、かごしま県民交流センターの前庭に「加納久宜知事頌徳碑」が建っている。

(出典:「鹿児島市の史跡めぐり人物編」鹿児島市教育委員会・平成2年2月発行、「松尾れい子編 加納久宜」)


カテゴリー
歴史・史跡

このページを見ている人は、こんなページも見ています

We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.