ザビエル滞鹿記念碑 ざびえるたいかきねんひ

ザビエルの功績を讃えて建てたザビエル教会の石壁

明治時代に日本最初の仏和辞典を作成したラゲ神父が、日本に初めてキリスト教を伝えたフランシスコ=ザビエルの功績をたたえて建てた最初の教会は、第二次世界大戦で大半を焼失しました。今では、その石壁がザビエル滞鹿(滞麑)記念碑としてザビエルの胸像とともに公園内に残されています。
1949年にはザビエル渡来400年を記念してローマ法皇の寄付をもとに近代ゴシック建築の教会堂が再建され、1999年には溝口守一氏によりザビエルと薩摩人ヤジロウ、ベルナルドの3人の等身大の像が制作されました。


エリア
天文館
カテゴリー
歴史学習

基本情報

住所 〒892-0842 鹿児島県鹿児島市東千石町
アクセス 市電「市役所前」・「高見馬場」から徒歩約5分
関連リンク ザビエル教会公式サイト

MAP

このページを見ている人は、こんなページも見ています