• 2020.10.14
  • イベント

かごしま近代文学館 企画展「向田作品の父と母」


かごしま近代文学館では、企画展として「向田作品の父と母」を開催いたします。
「ホームドラマのゴッドマザー」(「夕刊ニッポン」1975年8月13日)と呼ばれた作家の向田邦子。ドラマ「寺内貫太郎一家」「あ・うん」に代表されるように、向田が描く家族の原点は父・敏雄と母・せいでした。
本展では、向田作品の「父と母」にスポットを当て、向田が描き出した家族の姿を紹介します。

■会場
かごしま近代文学館常設展示室2階

■開催期間
2020年11月18日(水)~2021年2月15日(月)

■開館時間
9時30分~18時00分(入館は17時30分まで)

■休館日
火曜日、12月29日~1月1日

■観覧料
大人300円(240円)、小・中学生150円(120円)
※( )内は20名以上の団体料金
※常設展示もご覧になれます。年間パスポートもご利用になれます。

■お問い合わせ
かごしま近代文学館(TEL:099-226-7771)

新型コロナウイルス感染防止対策へのご協力のお願い
※ご来館の際は、来館者カードの記入や検温、マスクの着用等にご協力をお願いいたします。
※新型コロナウイルスの感染拡大状況により中止になる場合がございます。
※最新の情報は館ホームページでご確認またはお問い合わせください。

かごしま近代文学館 企画展「向田作品の父と母」-1
We use cookies on this site to enhance your user experience. If you continue to browse, you accept the use of cookies on our site. See our cookies policy for more information.