ホーム > 食・お土産 > 郷土料理に舌づつみ

ここから本文です。

更新日:2013年4月1日

郷土料理に舌づつみ

四季を通じて山海の幸に恵まれる鹿児島は食の宝庫です。産地ならではの味、昔ながらの伝統の味などを、ぜひ味わってください。


鹿児島では「つけあげ」と呼ばれ、エソ、ハモなどを原料に菜種油で揚げたもの。アツアツをわさび醤油でいただくのが最高

8cmほどのイワシ科の小魚。酢味噌やショウガ醤油でいただく刺身はもちろん、塩焼きやてんぷらでもおいしい

酢のかわりに地酒を使い、鯛や海老、たけのこなど山海の幸を贅沢に盛り付ける、鹿児島の美味が満載の郷土料理

きめ細やかで柔らかくバランスの良い霜降りの肉は、焼き肉、しゃぶしゃぶ、すき焼きと、おいしさは折り紙つき

肉質は繊細で甘味があり、歯切れが良く、脂身にも旨みがたっぷりで、食感はとろけるよう

黒豚の骨付きアバラ肉を味噌と焼酎でコトコト煮込み、黒砂糖やショウガを加えてさらに煮込んで仕上げる

若鶏のぶつ切りや根菜などを地鶏ガラでとったダシで煮込み、味噌味で仕上げる

定番は特産の豚の骨を煮込んで作る、あっさりしたとんこつスープ。各店で個性あふれる味に出合える

生産量の多い黒豚、黒牛、地鳥のすぐれた肉質を生かし、各種加工品を製造。酒のつまみにも最適

鹿児島の味噌、醤油は、旨みの濃さと大豆や麦の風味が生きていて口あたりが良いのが特徴

世界一大きい桜島大根を酒粕などで漬けた桜島大根漬けや、歯応えの良いつぼ漬けはお土産にも最適

ビタミンや食物繊維、カロチンが豊富なニガウリのドレッシングやジャムなど各種加工品が人気

かごしま市便利ナビ 観光情報検索