ホーム > 温泉 > 温泉の種類

ここから本文です。

更新日:2017年1月18日

温泉の種類

温泉はリラックスできるだけでなく、泉質によって得られる効能も違ってきます。鹿児島で楽しめる温泉の種類を紹介します。


温泉とは

「温泉」は温泉法で法律上の扱いが定められています。地中から湧出する温水・鉱水、水蒸気その他のガスで、温泉源で採取されるときの温度が摂氏25度以上か、または規定する成分を一定以上有しているものをいいます。

泉質の特徴

単純温泉

含まれる成分が少ないため、刺激が少なく子供から高齢者まで安心して入浴できる。

炭酸水素塩泉

石鹸のような働きで肌の不要な角質や毛穴の汚れを落とし、浴後は清涼感が得られる。

塩化物泉

塩の殺菌作用により傷に良く、塩成分が膜を作ることで湯冷めしにくい。

硫酸塩泉

鎮静や血圧降下作用が期待される。 

かごしま市便利ナビ 観光情報検索