ホーム > 「明治日本の産業革命遺産」構成遺産までのアクセス

ここから本文です。

更新日:2016年4月15日

「明治日本の産業革命遺産」構成遺産までのアクセス

 「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」について、ユネスコ世界遺産委員会の諮問機関であるイコモス(国際記念物遺跡会議)による評価結果及び勧告の発表があり、世界遺産一覧表への『記載(登録)』が適当であると勧告されました。今後は、6月28日からドイツ・ボンで開催される世界遺産委員会で審議され、登録の可否が決定します。

「明治日本の産業革命遺産」に関するイコモスの評価結果及び勧告について(外部サイトへリンク)

 鹿児島市の磯地区【旧集成館(反射炉跡、旧集成館機械工場、旧鹿児島紡績所技師館を含む)】、下田地区【関吉の疎水溝】、寺山地区【寺山炭窯跡】の3地区が集成館関連遺産群として候補に連ねています。これらの集成館関連遺産群までのアクセスに関しては以下をご覧ください。

構成資産までのアクセス(外部サイトへリンク)

 

 

かごしま市便利ナビ 観光情報検索