ホーム > 行政情報 > 観光統計・調査

ここから本文です。

更新日:2018年7月31日

観光統計・調査

鹿児島市観光統計

この統計は、1月から12月までに本市を訪れた観光客数について調査・推計し、これを過去における観光客数等と対比したものです。

この資料により本市観光の動向をご理解いただき、今後の観光事業を推進する上で参考にしていただければ幸いに存じます。

なお、資料提供等について、ご協力をいただきました関係機関のみなさまに、厚く御礼申し上げますとともに、今後ともご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

平成29年鹿児島市観光統計

本市の入込観光客数は986万5千人で前年比3.3%増となりました。
また、宿泊観光客数は379万2千人で前年比7.3%増、うち外国人宿泊観光客数は35万3千人で前年比32.2%増となり、いずれも過去最高となりました。
これは、鹿児島-韓国線のLCC新規就航や鹿児島-香港線等の増便、クルーズ船の寄港回数の増などによる外国人観光客の大幅な増加に加え、国内においては、明治維新150年や大河ドラマ「西郷どん」の放送決定により、「維新のふるさと鹿児島市」への関心が高まったことなどによるものと考えられます。

過去の観光統計

 

鹿児島市観光客動態調査報告書(平成30年3月)

第3期鹿児島市観光未来戦略の基本目標である「鹿児島の経済成長のエンジンとなる稼ぐ観光の実現」を踏まえ、観光消費額の拡大に資する施策の検討につなげるため、本市を訪れた国内外観光客の属性や周遊ルート等について調査・分析を行いました。

鹿児島市観光消費額調査・マーケティング分析報告書(平成30年3月)

第3期鹿児島市観光未来戦略の基本目標である「鹿児島の経済成長のエンジンとなる稼ぐ観光の実現」を踏まえ、効果的な観光プロモーションを実施するため、観光客のニーズや消費額等を把握するとともに、本市の観光施策の基礎となるマーケティング視点による分析を行いました。

新幹線全線開業影響等調査報告書(平成25年3月)

平成23年3月の九州新幹線全線開業により、本市における事業所や消費者、観光客の動向が変化していると予測されることから、実態を把握するとともに、変化が本市経済に及ぼす効果・影響等に関する調査を実施しました。

 

鹿児島市観光動向調査報告書(平成22年3月)

観光客のニーズの変化や観光を取り巻く環境の変化を把握するため、鹿児島市内を訪れる観光客の動向調査を行いました。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

鹿児島市観光交流局観光プロモーション課戦略係

〒892-8677 鹿児島市山下町11-1

電話番号:099-216-1510

ファックス番号:099-216-1320