• お問い合わせ・資料請求
  • 文字の大きさ 色の変更
  • サイトマップ
  • よくある質問
  • English

ホーム > 協会概要

ここから本文です。

協会概要

鹿児島観光コンベンション協会ならびに事業の内容についてご案内します。

当協会は、平成25年4月1日に公益財団法人への移行登記を行い、公益財団法人鹿児島観光コンベンション協会となりました。今後、公益財団法人として、一層、鹿児島市及び関係地域との連携を図り、観光客並びにコンベンションの誘致等に関する公益性の高い事業の推進により、国際相互理解の増進と地域経済の活性化及び文化の向上に資することに努めてまいります。

設立年月日

【平成7年4月1日】

財団法人鹿児島観光コンベンション協会設立

社団法人鹿児島市観光協会と財団法人鹿児島コンベンションビューローが再編一体化して設立

【平成25年4月1日】

公益財団法人へ移行

協会の目的

鹿児島市と鹿児島県が有する文化的・社会的・経済的特性を生かし、観光客の誘致、コンベンションの誘致などに関する事業を行い、鹿児島市と関係地域における観光とコンベンションの振興を図り、これにより国際相互理解の増進や地域経済の活性化、文化の向上に寄与することを目的としています。

1.観光客の誘致及び受入

  • 県外各地での誘致誘客事業
  • 観光イベント事業の振興
  • 観光印刷物の作成、配布
  • 会員間の相互交流会の開催

2.コンベンションの誘致及び主催者への支援

  • コンベンション主催者ヘの誘致促進
  • コンベンション主催事務局へのコンサルティング業務と支援
  • コンベンション開催準備資金の貸付
  • 誘致懇談会の実施
  • コンベンショントレードショーへの出展
  • コンベンション関連会社(会員)の紹介
  • セミナー(よりよいコンベンション開催へ向けて)、研修会の開催

3.観光及びコンベンションに関する広報宣伝と情報の発信

  • コンベンションカレンダー・月刊イベントコンベンション情報の発行
  • インターネットでの情報サービス
  • マスコミ他各情報機関への情報の提供
  • 機関誌の発行

4.観光コンベンションに関する調査、企画、開発

  • コンベンションアンケート調査
  • コンベンション情報のデータベース化

5.観光コンベンションに関する人材の育成及び啓発

  • 専門委員会の開催
  • 観光、コンベンション、関連団体、業界との連携

6.観光及びコンベンション施設の管理運営

  • 鹿児島市維新ふるさと館の管理運営
  • 鹿児島中央駅総合案内所、天まちサロン、桜島港フェリーターミナル観光案内所、観光交流センターの管理運営 

7.その他上記の目的を達成する為に必要な事業

基本財産

5億5千1百万円(鹿児島市3億円、鹿児島県1億円、その他企業・団体1億5千1百万円)

賛助会員

団体・企業・個人など 会員数 357(平成29年9月25日現在)

組織

平成29年7月1日現在

組織図平成29年7月1日

理事長

森博幸(鹿児島市長)

副理事長

岩元恭一((株)山形屋社主)

岩崎芳太郎(鹿児島商工会議所会頭)

松永範芳(鹿児島市副市長)

専務理事

圖師 俊彦

顧問

鹿児島県知事

鹿児島市議会議長

鹿児島大学学長

公益財団法人鹿児島観光コンベンション協会 役員等名簿

事務所所在地

情報公開

29年度

事業運営方針・事業計画書(PDF:168KB)

収支予算書(PDF:108KB)

資金調達及び設備投資の見込みについて(PDF:22KB)

28年度

事業運営方針・事業計画書

収支予算書

資金調達及び設備投資の見込みについて

平成28年度事業報告書(PDF:1,639KB)

平成28年度決算報告書(PDF:302KB)

27年度

26年度

25年度

24年度

23年度

22年度

事務局所在地・お問い合わせ先

公益財団法人 鹿児島観光コンベンション協会

〒890-0053 鹿児島県鹿児島市中央町10番地キャンセ7F

電話番号:099-286-4700

ファックス番号:099-286-4710

Eメール:kcvb@d1.dion.ne.jp

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

鹿児島市観光情報サイト よかとこ かごんまナビ 鹿児島市ならではのグルメから、史跡や温泉などの観光スポット、四季折々のイベントまで情報満載!

賛助会員企業紹介

  • 賛助会員企業を検索する
  • 賛助会員の募集について